LYRICS
歌詞


日々    行こうぜ    ピエロ        サイレン

Back to top

日々

足早に駆け抜ける日々
何気なく街を眺めていても
迷子の猫のように
おびえた気持ちで何かを
手探りで探してる
見つからないな
鳴き声を

上げても
通り過ぎるだけ
なじめないな
はじけるにおい
吹き抜ける風
やり過ごせても
袋小路を抜け出せやしない

この街の偉い人達の弱さは
したたかに生きるしかない悲しみで
うろついてるだけ
同じ所をぐるぐると
ぶら下げてるのは
目の前のえさだけ

あしたはどこにあるのか
街の誰も分からない
その隅っこで小さな花達が
まぶしいくらいの笑顔を見せる

飛び込んだ秘密の涙で
受け取った大切な思い
これからもまだ
繰り返される日々を
ごきげんなリズムで
笑い飛ばして行こうぜ

足早に駆け抜ける日々
何気なく街を眺めていた

Back to top

行こうぜ

いたずらな空から
震えてる君の手に
送られてくるサインを
受け取って
誘われるまま

踊らされてるよ
長い夜になりそうな
足取り

上っ面な温もりで
いやされたつもりだった
消えては現れる
理想の光
夢の途中

追いかけてみても
においさえ分からないから

抱きしめたいな
大切な光
言葉
温もりを抱きしめて
いたずらな空を見上げよう
握りしめた手を振り上げて

さあ行こうぜ
重い涙を引きずってても
這いつくばった
きのうは捨てて
新しいあしたが見える場所へ
行こうぜ

ゆっくりでいいから
あしたを探そう
にじむ点と線
こじれる夜明け
心の奥で閉ざされるドア
少しでも
吐き出せるのなら
重い涙も
笑い飛ばす日が来るはず

さあ行こうぜ
重い涙を引きずってても
這いつくばった
きのうは捨てて
新しいあしたが見える場所へ

行こうぜ
ゆっくりと
重い涙を引きずってでも
這いつくばった
きのうは捨てて
新しいあしたが見える場所へ
行こうぜ

Back to top

ピエロ

大切な祈りは
届かないな
降り積もる闇の中で
踊れば

手に花びら受け止めた
切なさに迷うように
歌う
優しすぎた昨日並べて

秘密なら音を立てて
消えるよ
錆び付いたカギこじ開け
のぞけば

情熱より熱いという
涙の絵のピエロは
踊る
にぎやかに映る街並み

手招きする
イメージで誘うよ
思い描く
あしたへたどり着きたくて

やりきれない涙が
ボクの記憶の中で
わめき出す
振り絞るよ
息切らす
君の笑顔の前で

おどけてる…

思い描く
あしたへと向かうよ
降り積もる闇を抜け
君とたどり着きたくて

やりきれない涙が
ボクの記憶の中で
わめき出す
振り絞るよ
息切らす
君の笑顔の前で

泣き出しそうさ
泣き出しそうだ

Back to top

夜をつなぐ糸
きっとどこか続いてる
空を飛ぶように
歩いてる夢を見た
あぁ広がる
足もとの無数の明かり
そのすべてに
それぞれ願いがある

空を
行く雲を
風をつないで
君の足跡に
花を咲かそう

いつか目の前に
たくさんの花集めて
夜をつなぐ糸
にぎやかに
夢を飾ろうよ

涙に暮れる日々
思い出と手をつないで
心の奥の光を
消さずに歩いて
行きたいから

空を
行く雲を
風をつないで
君の足跡に
花を咲かそう

空を
行く雲を
風をつないで
ボクの足跡に
花を咲かせたい

Back to top

サイレン

張り詰める言葉は
あふれる時を待って
永遠に続く空へ
投げかける思い

空回りの夜を越え
急がされた
昨日までの涙集めて

サイレンな空に届け
光と闇を飛び越え

眠れない夜はもう
悲しみを偽って
忘れてた日々をつなげて
かたくなな心

あきらめてた夢のカギで
引き裂かれた
悲しみなら溺れればいい

サイレンな空に届け
光と闇を飛び越え

大切な人守る涙
傷つける人の悲しみも
海より深くあなたを思い
真夜中にも光呼ぶ声

サイレンな空に届け
光と闇を飛び越え



Back to top


Above Lyrics may be printed or published but are prohibited for reuse without permission.
Copyright (C) by バオバブの庭 and NAO. All rights reserved.